困ったときの法律相談

法律と一言で言っても様々な種類があります。
ましてや弁護士に法律相談となれば、一般的には敷居が高い、または縁遠い感覚になるかもしれません。

でも、実際に相談してみると、弁護士先生が案外身近に感じると思います。


私が法律相談をしようと弁護士事務所を初めて訪れたのは、当時勤めていた会社が某メーカーと係争問題に発展したからでした。
販売していた商品の品質に疑問視を抱き、品質が公的に実証されるまで購入代金の支払いをストップしていたので、支払いをめぐっての訴訟を起こされた、いわゆる被告としての裁判でした。



顧問弁護士なんていなかったので、法律相談をする弁護士先生探しはネットで行いました。



今ではネットで得意分野なんかもわかるので直接事務所に電話をかけてお願いしました。



早速相談に伺い、代理人を引き受けていただき、裁判資料の作成にかかります。
この裁判資料、素人では到底作ることはできません。



専門用語と甲乙が入り乱れる文章は慣れるまでに相当の時間を要しました。



しかし、このときの弁護士先生はとても親身になって相談に乗っていただき、電話での細かな気配りもいただき、本当にありがたかったです。

何度も資料を作成し、原告の主張に対する反論を考え、長い時間をかけて裁判が進んでいく中、やっぱり困ったときは専門家に相談すべきだなと痛感しました。気になる裁判はというと、結果的には1審は完全勝訴になり原告が即日控訴、今新たに控訴審に向けて準備を行っています。できればお世話になりたくない裁判というもの。

でも、係わらないといけないときには迷わず、そして気軽に弁護士に相談しましょう。



決して敷居は高くないです。

関連リンク

  • 交通事故問題が発生したときに損害賠償を請求することが可能になりますが、加害者側が出す損害賠償金額が不当に低い場合や、被害者側が知識が乏しいことによって正当な損害賠償金額かどうなのか判断できないことが考えられます。正当な損害賠償金額が提示されているのか不安に思ったときには、法律の専門家である弁護士に法律相談することができます。...

  • 弁護士に法律相談を行って債務整理の方法を行えば、貸金業者から背負っている借金を解決できる可能性があります。場合によっては自己破産の手続きを行うことによって、借り入れをしている金額の全ての返済義務を免除してもらうことができます。...