債務整理の法律相談をする際はデメリットの把握も必要

弁護士に法律相談を行って債務整理の方法を行えば、貸金業者から背負っている借金を解決できる可能性があります。



場合によっては自己破産の手続きを行うことによって、借り入れをしている金額の全ての返済義務を免除してもらうことができます。


貸金業者などからの借金について、弁護士に法律相談を行うことで借金額を帳消しにしたり、大幅な減額の交渉をしてもらうことで解決させることが可能になりますが、債務整理の手続きを行ったときには一定の期間においてクレジットカードなどが作れなくなります。

弁護士に法律相談をして債務整理の手続きを行ったときには、信用情報機関において過去に債務整理を行った経験のある人は情報が登録されますので、その後の一定期間は借り入れができなくなります。



新規の借り入れやクレジットカードの申し込みをしたときには、貸金業者は申し込み者の情報を使って審査を行います。



審査の過程において信用情報機関に登録されている情報によって確認をしますので、過去に債務整理の手続きをしている人は審査を通過できなくなります。



自己破産については手続きをしてから10年間ほど、任意整理や個人再生の場合には5年間ほどの期間は情報登録機関に登録されると言われています。債務整理の手続きをするときには、これらのデメリットについて把握してから行うことが大切です。



抱えている住宅ローンを手放すことなく支払いを継続しながら、他の貸金業者からの債務だけを整理したいときには任意整理や個人再生の方法がおすすめです。



関連リンク

  • 交通事故に遭ったために被害者になってしまったときには、保険会社からの慰謝料などの金額ついて不満なケースも多いと思います。交通事故の示談交渉などで納得できなかったときには、弁護士に法律相談をすることで裁判によって解決を目指すことができます。...

  • 法律と一言で言っても様々な種類があります。ましてや弁護士に法律相談となれば、一般的には敷居が高い、または縁遠い感覚になるかもしれません。...